10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2000.11.29
<論点=矢野らの主張する "創価に狙われていた事実" についての真実性>
... 続きを読む
スポンサーサイト
2000.11.29
原告:戸塚節子
被告:矢野穂積・朝木直子

<判決>
一・二審・最高裁とも矢野・朝木に100万円の損害賠償命令
(平成12年11月29日・平成15年7月31日)


故朝木明代が窃盗容疑で書類送検された後、矢野・朝木は『東村山市民新聞』において「ブティックの女主人が創価学会とグルになって万引き事件を捏造した」などとする記事を繰り返し掲載した。これに対して戸塚は提訴。矢野は当時、「飛んで火に入る虫」と嘲笑ったが、一審で矢野・朝木は真実性・相当性の主張をいっさいしなかった。二審で和解協議を行ったが決裂。ところがその後、矢野・朝木は「万引き捏造の真実性を立証する」と方針変更。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。